家屋でヨガやストレッチ!気持ちよさを二割り増しにするコツ

?飲食の出端?量が増える年末年始の体量増はなかなか避けられない一つ。とは言っても、「 いつ一つライフスタイルに戻れば体量も減るだろう……」と思っていませんか?

もし斯うしてであれば嬉しいのですが、ほとんどの方が減退?上半身行列を整える利巧の試みをしなくては元に戻らないと悩んでいるはず。そこで取り入れたいのが家屋でのヨーガやエクササイズ。

今回はヨーガ教師でアロマ位相空間考案の能力を持つ筆者が家屋でヨーガ?エクササイズをより気持ちよくおこなうコツをお伝えしていきたいと思います。

1:食後すぐはNG
食後の「食べ過ぎた」という後悔をヨーガやエクササイズをすることで帳消しにしようとする気持ち、わかります。しかし、食べた後の運動は消化に使うべき血液が筋肉に使われてしまい消化不良を引き起こす原因になることも。

それだけではなく、ねじりや腹部への圧力で気分が悪くなることもあるので、食後2~3時間ほど空けてからおこないましょう。

2:携帯電話は電源をオフ
携帯電話の着信やの受信の知らせに集中力が途切れてしまう方は少なくありません。それでもなんとかヨーガやエクササイズを続けてみても“ 心ここに在らず”状態になりがち。

最初から電源を切っておきましょう。

3:体を動かせるスペースを作る
手や足を伸ばしたら物にぶつかるという環境では、ヨーガ?直線コースの十分な効果を得られませんし、 動くたびにストレスを感じますよね。

ヨーガマット一枚くらいのスペースで構わないので、上下左右に物がない場所でおこないましょう。

4:音楽は歌詞ナシ
家屋でのヨーガやエクササイズ中に音楽をかけるのは、リラックス効果を高める利巧にもよいでしょう。ですが、音楽ならなんでもよいというわけではありません。

オススメは波音や川のせせらぎ、鳥のさえずり、木々の揺れる音などの自然の音です。歌詞があると頭で追いかけたり、意味を考えたりしてしまうので、集中力の妨げになることがあります。

5:香りは鎮静効果のある一つ
のびのびとリラックスした状態で体を動かす利巧に、鎮静効果のあるアロマオイルを香らせるのもよいでしょう。

古くから瞑想に使われているウッド系の落ち着きのあるハーブの香りサンダルウッドやホワイトサイプレス、ラベンダー、イランイランなどを選んでみてください。

グレープフルーツやローズマリーの香りは活力をアップさせるので、リラックスしたいときは避けるのがベター。

家屋でのヨーガやエクササイズも継続が大事です。体調?環境が整うことで気持ちよさが増せば、続けるのが楽しみになるはず!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

筆者略歴

高木沙織

“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する能力を取得。イベント講師?執筆に携わる一方ヨーガ教師としても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。

家屋でヨーガや直線コース!気持ちよさを二景品にするコツはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。