子弟に対してだけじゃない。断固として揺るぎない「父親の声」を使うべき5つの場面

子育ての逆理は、あらゆる事がうまくできても、何となく虚言の吾れを演じているような気になる事でしょう。御湿を替えたり、いないいないばーをしたり、お馬さんごっこをさせてあげたりするのは、どれも違う吾れを演じているフィーリングがします。そのうち、吾れが本当に親父なのだと実感する須臾がやってきます。ある日、子弟と同一性に出かけている時に「親父の声」を出してみましょう。子弟の目が須臾でくぎ付けるになります。

親父の声というのは、叫ぶのではなく「大きな太い声」で、怒鳴りつけるのではなく「叱る」のです。親父の声を使っていると、狂ったように叫ぶ事にはなりません。揺りするのではなく、聢ととした揺るぎないビューを示します。

拡声器のように、ペッサリーしっかりと使って大きな響く声を出しましょう。子なる神は簡勁に。冗多にせず、気の利いた事を言う必需品もありません。何を言うかではなく、どのように言うかが大事です。それに、くだらない事を言っている時間はありません。

では、どんな時に親父の声を出せばいいのでしょうか? 親父の声が功を奏する状況をいくつかご紹介しましょう。
幼児たちが集まっている
狭い場所に幼児がたくさん集まると、恐ろしい事になります。発育途上の前頭葉やフェロモンから生まれるエネルギーが、互いに反応し合って止まらなくなります。キャッキャッというはしゃぎ声や、キーキーという金切り声に馬鹿騒ぎ。

じっとできない幼児は叱ってもしょうがないです。いい子にするんだよと優しく言ったところで、おとなしくはできません。最後には泣いて終わる、騒々しい破壊行動しか知らないのです。そんな幼児たちのエネルギーをピタッと止める唯一の方法は、親父の声を出す事です。
壊れやすい物がある
「やるべき事」カレンダーに惑わされた事はありませんか? 週末の予定を埋めるのに必死で、インターネットを見ると地元の美術館では「子弟のためのイベント」が大量に行われています。そして、数億円はしそうな花瓶や高価な美術品と隣合わせにある、折れたクレヨンやぬりえが散乱する場所にたどり着きます。突然、これまで稼いできたお金や、子弟の教育のための積立金、退職金、保険金、すべてが須臾で消えるかもしれない危険にさらされます。

ここでは、向こう見ずな行動を起こされる前に、親父の声で先手を打たなければなりません。親父の声で、このような場所でお行儀よくする事の重要性や、向こう見ずな行動をした時にどれだけこっぴどく叱られるかという事を説明しましょう。親父の声で先手を打つ場合は、瞬きもせずに子弟の目をじっと見て、恐ろしく威厳のある静かなトーンで話しかけましょう。親父の声を聞いた子弟は、繊細な美術品などがあるところを通る時はゆっくりとおとなしく動いてくれます。
歩行者や自転車の安全確保
歩きはじめた子弟はすぐに、野生動物がワニのいる川を横切るかのように、道路に惹きつけられます。子弟にとって、車はピカピカして、キラキラした魔法のような乗り物です。ブーンと音を立ててなめらかに通りを走り、遊ぶのにはピッタリです。ですから、学校にあがる前の子弟が道路に向かって走り出したら、ゆっくり歩いてと優しく言っているヒマはありません。親父の声を全開で「止まって!」と言いましょう。

車の運転手に親父の声を使ってもいいです。去年の春、私と娘が自転車で学校に向かっていた時、馬鹿者が運転する車が、猛スピードで角を曲がってきて驚かされました。まるで銃を突きつけられたみたいだったので、両腕を広げて親父の声で「こら!スピードを落とせ!」と言いました。すぐに、私は親父がするべき事をしていたとわかりました。運転手はまだ十代の馬鹿者、いや若者だったのです。
危険な動物と対峙した時
ある日、ビーグル犬くらいの大きさのアライグマ3頭が、我が家の庭を歩いていたので、「出ていけ、アライグマ!」というような事を叫びました。アライグマが私を見た須臾、私は庭に飛び出し、同じように叫びました。アライグマは庭を出て通りを横切りながら、先ほどの車を運転していた馬鹿者と同じような目つきで、私の方をチラリと振り返って見ました。

近所の迷い犬でも、ハイキング中のコヨーテでも、そのうち子弟と同一性にいる時に動物に遭遇する事はあるでしょう。あなたが会社で働いていて、余暇はテレビゲームをして過ごしていたとしてもコヨーテはそんな事は知りません。コヨーテにとって人間は食物連鎖の最上位捕食者です。それらしく振る舞いましょう! たとえ、こちらが捕食されそうな動物と遭遇したとしてもです。私は森でクマに出会った事はありませんが、大きな声を上げて、吾れを大きく見せた方がいいとよく言われています。しかし、グリズリー相手にそんな事をしてはいけません。そんな事をしたら死んでしまいます。どの動物にどう対処すべきかは、きちんと学習しておきましょう。
医療的な緊急事態
クマに出会った時に間違った対処をしてしまったとしたら、もう一度親父の声の出番です。心肺停止時の訓練などあらゆる深刻な救急のシーンでは、大声ではっきりと話してくださいと言われます。人を特定して「救急車を読んで下さい!」や「救急キットAEDなどを持って来て!」などと指示しましょう。

ショッピングモールやレストランで、誰かが発作や心臓発作を起こしたら、周りにいる人は「え?え?え?」と戸惑います。苦しんでいる人をどうやって助ければいいのかわかっている場合は、周りの人に手伝ってくれるよう指示しなければなりません。このような場合は、親父の声で簡勁に指示を伝えなければなりません。こんな時は、誰も高圧的な嫌なフィーリングの人だなと思ったりしませんのでご心配なく。まわりの人も、親父がうまくやってくれているようなフィーリングがして安心します。

Image:

Geoffrey Redick – Lifehacker US[]