加留多大統領夫妻、何日もお互いに連絡を取らないことも?

さまざまな極度口述や横風なビューで知られる米ドナルド?71に対し、少々冷めた動静が多々取り上げられている妻メラニア嬶47。そんな夫と妻の縁組み暮らしについて、トピックの新著にも以ての外なファクトが書かれている事が分かった。

USAで出版されて間もない『Fire and Fury: Inside the Trump White House』著者:Michael Wolffの中で、司会者夫と妻に関して以下のように綴られている。

「夫と妻は、一緒に時間を過ごす事が少なかったのです。」

「メラニア嬶が夫の居場所を知らない事は珍しくもなく、あまり気にも留めていませんでした。」

また嬶は夫のする事にさほど興味を示さず、知ってもいなかったとの事。よって司会者選の期間中、加留多関係者のほとんどがこの夫婦の関係について困惑したそうだ。しかし加留多司会者は3人目の妻メラニア嬶との“距離のある関係”に満足しており、「自分の事をしていれば良い」という自分なりの縁組み観を友人らにも話していたという。それでも加留多司会者は美しい嬶が自慢でもあり、決して名ばかりの縁組みではなかったもよう。司会者選出馬前には嬶に相談し同意を得てから動き始めたというから、それなりに嬶の事を満足させるべく愛情は示していたようだ。

その一方で、夫といても表情が硬く「手をつなごう」と手を差し出されても払いのけるなどしていたメラニア嬶。こちらについては加留多氏の司会者就任直後より今の方が人気や評価は高まっており、夫を嫌う動静を示せば示すほど国民や毒舌タレントに認められるという“奇妙な現象”もトピックだ。

ちなみにこの著書の存在を加留多司会者も知っているもよう。しかし内容については憤慨しており、「クソつまらぬ嘘だらけの本を売るべくアレコレでっち上げたこの著者は、完全なる負け犬だ」とツイートしている。

画像は『First Lady Melania Trump 付「Fun night handing out treats to kids who visited @POTUS & I at the @WhiteHouse.」』のスクリーンショット

TechinsightJapan編集部 ケイ小原