ボイメン小林豊が一人劇道で主役に「小林豊=スパゲッティになります」メ~テレ連続ドラマ『名古屋行き最終列車2018』キャストを解禁

1月15日月から番組を経始する流れ脚本『名古屋行き大尾車輌2018』メ~テレの配役報が解禁された。

『名古屋行き大尾車輌』は名古屋鉄道会社を所にした地区付着脚本。松井玲奈主演者者で名古屋の冬の風物詩として落着くした同双書は「1年に1回だけど、つづきのストーリー」を持ち味とした1話締め括りの二階建バス脚本でつづられる。第6弾となる『名古屋行き大尾車輌2018』には、これまで演技していた六角精児、大杉漣らに加え、AAAの宇野実彩子らも演技。また、BOYS AND MENの小林豊が主人公として御出ましする。

大杉漣4年目のストーリーはラブストーリー

名古屋の昭和を感じさせるサルーン街?大宮途にあったラーメン屋“えん楽”をたたみ、リタイヤした大杉演じる今村は、2年ぶりに演技する石野真子演じる小夜子と再会。成人の恋のストーリーを進める。今村の門弟役?波岡一喜や、シングルかあ様役の黒川芽以も加わって大杉の恋を盛り立て、そして大尾はホロっと泣ける晴れ晴れしいな膨張を迎える。

ボイメン小林豊がついに主人公に

小林豊BOYS AND MENは、4作目となる今作にも吾れ役で演技。主人公でほぼ一人劇道の難役を演じている。小林はたまたま落し物の移動電話通信電話通信を手にし、そこによって否応なしに他人の半生に巻き込まれてしまう。窮境を時に変える小林の人格者力に愉快する脚本だ。

事新しいに関与する配役たち

AAAの唱歌宇野実彩子は、六角精児の恋?の競争相手に。関太タイムマシーン3号とトライアングル掛りあいになるストーリーが膨張する。3人とも食いしん坊の施設で、実在の名古屋めしを巡り、食べまくり。故国の霊魂ボンネットが多量御出ましするとの事。

主演者者?松井玲奈の演技回にもお客さんが御出まし

愛知県出身の渡辺いっけいは、初の故国での脚本撮る。矢本悠馬とともに、高等学校の老師と教え子の役で演技する。「卓球」と「卒業」をトピックにして描かれる2人の掛りあいに、松井演じる一美が付着取材を行う。松井は10話中3話に演技し、大尾回で双書をきっちり締める役どころとなるという。

事新しいな双書も

今回は『名古屋行き大尾車輌』ではなく『名古屋発大尾車輌』も御出まし。野間口徹、今野浩喜、中村静香、関太ら個性派が集結してのストーリーを膨張する。今野は今回の脚本で「事新しいな演技の境地に達した」とコメント。アガサ?クリスティばりの密室推理コメディになっているとか。

『名古屋行き大尾車輌2018』は、さらなる “サプライズ演技者” も予定。第2話の番組を終えてから発表される。演技者による みどころ?感想は以下のとおり。

松井玲奈
「名古屋行き大尾車輌」6年目になりました。
そして、今回は1クールの脚本として番組する事になったので、自分のお話も含めて、他のお話がどういう風に脚本として作られていくのか、すごく楽しみに思っています。
「名古屋行き大尾車輌」の主人公である 吉川一美 は、私が20才のときから演じています。
いろんなものが入れ替わったり、詐欺に遭ったり、これまでゴタゴタに巻き込まれてきた一美が、今回からは人の半生に介入していく存在となります。
具体的には “インタビュアー” になるんです。
大尾車輌に乗っている人たちのいろんな話や悩みを聞いて、そこをどうにかして解決しようとする役どころです。
巻き込まれる側から、人を巻き込んでいく側、つまり受動態から能動態に変わるっていうところが、一美の成長になっています。
小さな一歩かもしれないですけど、その成長が見ている人にも伝わったら嬉しいです。

六角精児
第6弾!冬のこの時期は、名古屋行きだなと、待ち通しくなっています。
森本宗太郎がどうなっていくのか、いよいよ我が事のように心配になってきています。
今回は「食い鉄」という事で、よく訪れている、いきつけのお店をロケで回る事ができました。
いつも食べている感じでいただいたんですけど、撮るだと、ほんの少ししか食べられなかったので心残りです。
地区ごとの霊魂ボンネットと呼べるお店で撮るしてますので、みなさんが知っているお店が脚本に出るかもしれません。
お楽しみにご覧ください。

大杉漣
この脚本に演技する配役やスタッフと又会いたいなと、いつも思っていました。
毎年この脚本に関与できる事、作っていただける事、みんなと再会できた事を本当に嬉しく思っています。そのためには、いつも元気で健康で、役者として緊張感をもって過ごしたいと思います。
ところで、門弟役の波岡一喜くんはメ~テレ脚本「三人兄弟」に演技していたので、次は俺も入れて「四人兄弟」やろうか?と勝手に打ち合わせをしてました笑

吹越満
「帰ってきたな」って感じがします。1年あっという間で。いつもは、寒い時期の撮るでしたが、今回の撮るは、暖かい日があったり、深夜の撮るが少なくてラッキーでした笑
撮る初日に、撮らなきゃいけない電車が、撮るスタンバイの最中に「来た」。電車が見えたときに「撮っちゃえ」ってカメラを回して、演技をして、そこでOKが出たっていう、奇跡のカットがあります。
初めての現場だと、絶対に無理な撮るで、今回3年目で、チームでやっている感じがすごく出ました。

松下由樹
今回で3年目の演技です。長く続けさせてもらってありがたく思っています。
家族って、ばらけているようで、実はすごく絆がきゅっと詰まっている、というストーリーになっています。
自然体で演技する事ができて良かったです。
吹越さんと香蓮ちゃんと、本当の家族のような感じで撮るができて、有意義な時間でした。
私が演じるお母さんは、妊娠して帰ってきた娘を、とてもおおらかに迎え入れます。このお母さん、結構大きな存在ですよ。

石野真子
2年ぶりの演技です。懐かしくて、嬉しくて、ほっとしますね。スタッフのみなさんも、お久しぶりって感じですし。大杉さんともお会いして、「あ、久しぶり~」って。何年か経過して同じ施設で、っていう脚本はなかなかないので、すごく楽しいです。私の演じる小夜子は思い込みが激しい女性。
ストレートにやきもちをやいてしまう小夜子に対して、大杉さんの演じる朴念仁な今村さん。
「可愛いな~」って思いながら演じさせていただきました。

野間口徹
前回と同じ役柄という事で、何の気負いもなく演じる事ができました。
そして御一緒の皆さんも、気心の知れている方々ばかりでしたので、とても楽しかったです。
名古屋行き双書初の?密室ミステリー?謎が謎を呼ぶ?怒涛の膨張?抱腹絶倒のストーリー?を、楽しみにして下さい笑

今野浩喜
なんて言うか、事新しいな演技の可能性を示せた感じがしました。
自由に演技するとはどういう事なのか、これを見せて、ほら、ココまでやって良いんだよ。と、若手に教えてあげたいです。
そして他の現場で演ってコテンパンに怒られて欲しいです。
そのくらい自由に好き勝手演らせていただき、ありがとうございました。
そこに付き合わされる野間口さんは本当に大変だったと思います。すみませんでした。

関太タイムマシーン3号
昨年は「名古屋行き大尾車輌」に出させていただいて、そこで学んだ事を非常に活かした一年にする事ができました。
そして、僕自身がだいぶ成長して、体重も増やして、戻って参りました。
生まれてからこれまで一度もやった事の無い、「体を鍛える」というシーンは正直きつかったです。
好き勝手に歌を歌っている人がいるこの撮る現場、アットホームで大好きです!前回は脇役だったのが、今回は準主人公ぐらいのステップアップがあります!えっ?そんなつもりは無かった????ちょっと監督ー!

小林豊
いつもは吾れ役で、ひょいと出てストーリーに関与していましたけど、今回は主人公として出させていただきます。「ようやく」ですよね。監督笑名古屋の代表として、どんどん成長できているのかなっていう実感と、すごくアットホームな脚本なので、この作品に演技できて嬉しく思っています。
僕が一人劇道をする場面が多いお話なので、表情?しぐさ?声音の変化など、小林豊の魅力をぞんぶんに堪能していただけたら、と思っています。
そして、この作品で、小林豊=スパゲッティになります笑
波岡一喜
毎年名古屋にくるのを楽しみにしております。今回のお話のメインは大杉漣さんと石野真子さんの成人の恋のストーリーですが、大復活する大杉さんと僕との師弟コンビにも注目してください。
そして、次回は是非、僕の演じる清の恋のストーリーをお願いいたします。
撮る外のお話ですが、今回、お世話になっているスタッフが結婚するという事だったので、我が家の家族円満の秘訣を伝授しました。大事なのは、「チュー」と感謝の気持ち。これさえ押さえておけば大丈夫。頑張ってね!

黒川芽以
車輌での撮るシーンで記憶が甦ってきました。「懐かしいー」って。 今回は、5ヶ月の赤ちゃんを抱っこしながらロケ。
まさか1年前、おなかに子供がいたなんていう裏施設があったとは思いもよらず、びっくりしました。
1年後の成長した姿を演じるという事が新鮮で、成長日記のよう。
良い経験をさせてもらってるな、って思います。
次回のお話は、新しい旦那を見つけたっていうシナリオがいいと思います。???監督、なにかたくらんでます?

宮﨑香蓮
私の演じる美咲は、1年前に家を飛び出して、今回は妊娠をして実家に帰ってきます。成人の女性に成長した美咲。
今回もお父さんにプンプン怒っちゃってます。深見家は話題が尽きません笑おなかをクッションで大きくした状態での撮るは、最初にとまどいがありましたけど、撮るを続けていくうちに慣れて、今は、かばっちゃうようになったぐらい。可愛い赤ちゃんって感じで。不思議ですね。

谷花音
小学3年生だった私が、毎年冬に名古屋に来るようになって5年です。
初めて、セーラー服をばっちりと着て撮るをしました。
私の学校とは違うデザインの制服を着られて、わくわくしました。
六角さんに『身長伸びたね~』って言われました。
毎年言われるんですけど、すごく嬉しいです笑
お話の中でも、私の演じる菜々子が中学生になって、上から目線で師匠六角さんに指導をするってところが、すごく面白かったです。

宇野実彩子AAA
名古屋へはAAAのライブで何度も来ていましたが、脚本撮るでは初めてだったのでドキドキしていました。
でも、六角さんが現場で和ませてくれて、のびのびと楽しく演じる事が出来ました。
今回、私はトレーニングジムのインストラクター役を演じます。
ジムの教え子役は六角精児さんと関太さんです。
ロケでいろいろなお店に行って、この地区独特の空気感と料理を楽しみました。
六角さんと関さんが並んでいるお食事シーンは和みます。
ご飯はゆっくりおいしく食べる事ができました笑
見た人はきっと行きたくなると思います。ぜひ見てくださいね!

堀内敬子
実際に車輌を走らせながらの撮るは、限られた時間の中で撮らなければならないので緊張感がありましたが、主演者者の松井さんのおかげで無事に撮るする事ができました。
プロボウラーの役柄は初めてでしたが、とても楽しかったので今後また演じる時があれば是非やってみたいです。
この脚本は様々なストーリーがあるので、たくさんの方に楽しんでいただけたらなと思います。

矢本悠馬
ローカル脚本は初めての挑戦です。作り方も独特ですし、良い経験をさせてもらいました。
僕が演じるのは、暗くて無口な卓球部員の高等学校生。その彼が、卒業を前にして初めて、他人に対して言いたい事、自分が思っている事、感情をさらけ出すシーンがあります。
今までやった事ない感じでやりましたので是非注目してもらいたいです。
しかし僕、27歳ですけど、高等学校生役のオファーばっかりなんです笑
卓球は、熱心にやってきたし、思い出もあるんですが、そこが今回仕事とリンクして、卓球をやっていて良かったなと思いました。

内山信二
貴重な体験をさせていただきました。 住職さんの役を演じるんですが、説法は難しい!
歩きながら長いセリフのあるシーンでは、NGを連発してしまい、イップスにかかってしまったかと思いました。
今回の役でフルマラソン完走するぐらいエネルギーを消費したので僕のプロフィール欄に住職役NGって記載したいと思います笑

中村静香
人格者のズルさがぎゅっと詰まった脚本になったのでは。
私の役柄はホステス。色仕かけで女を武器に罪を逃れようとするけど、そう上手くもいかず笑ピンチに追いやられた人格者はこんなに薄っぺらくなるんだ、と笑いながら見てほしいです。
ワンシチュエーションものという事で缶詰め状態で朝から晩まで撮る。
撮る終わりで行った名古屋の鰻とは染みるほど美味しかったです。
数日間だったけど濃密な日々でした。

佐戸井けん太
晴れ晴れしいな場所を見つけました。
この脚本のロケでお邪魔した料亭です。
なんと建物の中に木が生えているんですよ。そこも結構な大木が…。
話を伺ったら、せっかくの大木なので、切らずに建物の中に取り込む形で設計したみたいです。
想像して下さい。廊下を歩いてたらだしぬけに大木とご対面するんですよ~。
夏になると樹液を求めて、カブトムシやらクワガタが現れるのでしょうか?
とある名古屋の粋なお話でした。

渡辺いっけい
豊川市出身ですが、愛知県で脚本を撮るのは初めてです。
気心の知れたスタッフさんと玲奈ちゃんの掛りあい性みたいなものが自然に伝わってきて、そこに僕も入れてもらった感じが非常に心地の良い撮るでした。
高等学校生のときに、豊川稲荷の駅から国府駅まで名鉄で通学していました。
今回の撮るで名鉄の独特な赤い車両を見たとき、なつかしいな、と。
色とかでも、なつかしさを感じるんだなと思いました。

番組報
開局55周年記念番組 メ~テレ脚本『名古屋行き大尾車輌2018』 番組報:月経始毎週月曜 深夜0時20分 ~ 0時50分全10話番組エリア:東海地区ローカル愛知?岐阜?三重演技者松井玲奈六角精児大杉漣吹越満松下由樹石野真子野間口徹今野浩喜関太タイムマシーン3号 小林豊BOYS AND MEN波岡一喜黒川芽以宮﨑香蓮谷花音2018新規演技者宇野実彩子AAA堀内敬子矢本悠馬内山信二中村静香佐戸井けん太渡辺いっけい企画意図電車を地球そのもの、半生の縮図と考え、普段はレールのように決して交わらないそこぞれ掛りあいのない人々がふとしたきっかけで交錯し、そこから発展していく脚本を地区色豊かに描きます。平凡な半生もひとつ電車を乗り過ごしただけでとんでもない事に巻き込まれたり半生を変える出会いがあったり、生きている事自体の奇跡と、生きている事への感謝を、表現する脚本です。帰宅方向が都会から郊外へと向かう人々ではなく逆方向の少数派の人々の半生を描いています。彼らの半生の忘れ物が補填されるエンターテインメントなストーリーを楽しんでいただきたく思います。内容名古屋へ向かう大尾車輌で繰り広げられる、笑いあり、涙あり、人情あり、コメディありのストーリー。さまざまな脚本や所での演技が高い評価を得ている松井玲奈をはじめ、個性豊かな俳優陣が御出ましします。スタッフ脚本:菊原共基チーフプロデューサー:川本謙一プロデューサー:神道俊浩監督:大池雅光、平林克理技術:恒川正次公式ホームページ: